過敏性腸症候群・ピロリ菌除菌

ピロリ菌除菌

 40歳以上の日本人の70%~80%は、ヘリコバクターピロリに感染しています。ピロリ菌感染者の胃がん発生率は、非感染者より高いことがわかっています。また、ピロリ菌を除菌すると胃がんの発生率が3分の1になるということも最近わかってきました。これらのことから、ピロリ菌を除菌すると胃がんになりにくくなるということがおわかりになると思います。

  ところが現在、ピロリ菌の除菌治療は胃潰瘍と十二指腸潰瘍の場合にのみ健康保険の使用が認められています。胃潰瘍でも十二指腸潰瘍でもない場合は全額自己負担になりますが、ピロリ菌の除菌を希望される方は、当院で除菌のためのお薬を処方いたしますのでご来院ください。 ピロリ菌の有無を確認した後、お薬を1週間服用していただきますと、90%の成功率でピロリ菌が除菌できます。

 最後に自己負担の費用ですが、ピロリ菌の確認料、処方料、薬剤料などで全部で8,000~10,000円ほどです。

HOME | 院長ご挨拶 | 診療案内・アクセス | 胃カメラ・大腸カメラ | 胃がん・大腸がん | 経鼻内視鏡検査 
大腸ポリープ日帰り切除術 | ピロリ菌除菌 | 漢方治療 | バイアグラ・男性型脱毛・アロマセラピー